合宿免許とはどのようなものか

一般的に自動車の運転免許を取得する場合には、自動車教習所通って学科の授業を受けたり運転技能を習得したりする必要があります。
合宿免許とは一定の期間、宿泊施設などに滞在して集中的に運転免許を取得するための教習を受けることをいいます。



合宿免許のメリットは、短期間で免許を取得することができるところにあります。


学科や技能教習などのカリキュラムが効率的に組まれているため、予約待ちなどをする必要がありません。


運転する感覚を忘れないうちに乗車することになるので、上達も早いといったメリットがあります。

それから通学の場合には、技能教習で補習になってしまったり、検定で不合格になってしまって再検定になると追加で費用がかかってしまいます。
合宿免許の場合には、延長保証が付いていることが多いので、そういった場合でも追加の費用はかからなくてすみます。

合宿免許はほとんどの場合、宿泊費や食費、交通費などを全て含めたパック料金になっています。



宿泊施設は、教習所の校舎内に専用の施設に宿泊する場合と提携するホテルや旅館などに宿泊する場合とがあります。

スタンダードな相部屋タイプやシングルルーム、ツインルームなど自由に選べるプランもあります。

自動車教習所によっては食事が無いプランなどもあるので、自分の希望に合わせて選択することも可能です。
また、旅行気分が味わえるといったメリットもありますし、新しい出会いがあるなど人との交流の場にもなっています。